KCSファウンデーション(KCSF)国際認定コース

KCSF_bar サービス品質を向上し、効率性を高め、高いCS/ESを得るためのナレッジマネジメントのベストプラクティスを学びます。
このコースは、KCSの概要説明、導入効果などを学ぶ基礎的なコースです。

トレーニングスケジュール
対象
一次二次窓口アナリスト及び全てのセンター管理者を対象となりますが、KCSを導入済みの場合は、ナレッジ従事者が受講すると有効です。
なおKCSの導入を検討している企業様はKCSPコースの受講を推奨いたします。

(KCSFのインストラクタを希望の場合は、KCSPの受講が必須です。詳しくはKCSPコース詳細をご覧ください。)

受講料
集合型開催:125,400円(税込)
オンライン開催:108,900円(税込)
※1回分の認定試験受験料含む

時間
1日間
集合型開催: 9:30〜18:00
オンライン開催: 10:00〜17:00

内容
  • 1章:ナレッジセンターサービス(KCS)とは何か
    ナレッジセンターサービス (KCS) とは何か / なぜナレッジセンターサービス (KCS) が作られたか / なぜKCSが必要か / KCSの利点は何か
  • 2章:KCS 方法論を理解する
    KCS原理原則(プリンシプル) / KCSの実践 / 解決ループ / 発展ループ
  • 3章:KCS方法論の締めくくり
    パフォーマンス評価 / リーダーシップとコミュニケーション / KCSの利点と投資対効果 (ROI)
国際認定試験について
国際認定試験の受験はオンラインで、試験はKCSファウンデーション(KCSF)国際認定スタンダードから出題されます。スタンダードはHDIメンバー限定でダウンロード、もしくは書籍としても販売しております。

認定試験の配点
認定試験の構成項目とそのウェイトは以下のとおりです。
区分 KCSFウェイト
KCSの主要な概念 10%
KCSの原理原則(プリンシプル) 5%
KCSダブルループプロセス 40%
コンテンツを健全に保つ 20%
プロセス統合 10%
パフォーマンス評価 5%
リーダーシップとコミュニケーション 10%

合格ラインについて
区分 合格ライン
(一般)
合格ライン
(インストラクタ)
受験料(税込)
35問 70% 90% 26,400円

トレーニング受講者の声

  • とてもわかりやすく、知識のない状態からでも理解できるように講義でした。(2020)
  • 導入することで、新人もベテランも同様のパフォーマンスが行えるようになるという点で、魅力的に感じました。(2020)
  • コースで学んだ内容を実際にチームに当てはめる時にどういった効果を発揮するのか、課題も生まれると思うが期待がふくらんだ。(2020)
  • 今までの自身の考え方をひっくり返す内容で有意義な時間でした。(2020)
  • まさに今、自分が直面しているチームの課題にはまる内容で、とても勉強になった。(2019)
  • ビジネスにも活用できる理論であることがわかった。(2019)
  • ワークを交えての研修でより理解が深まった。(2019)
  • 「信頼できないから怖くて使えない」に抵抗できる武器を手に入れられました。(2019)
HDIトレーニングコース申込